読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地元をREPしていきたい話(その1)

僕は東京都の足立区というところで生まれ育ちました
足立区というと治安が悪いというパブリックイメージでしょうか、どうなんでしょうか

 

知らない人にどんな場所か伝えるとすると
金八先生の舞台だったり
ビートたけしの出身地だったり
23区で一番土地が安かったり

 

そんな足立区を正直あまり好きではありませんでした
治安がどう、とかはここにしか住んだことがなく比べられないのでわからないけど、何よりの理由は

バンドをやる環境があまりないこと

 

僕は高校生の時に、中学時代の友達すなわち地元の友達とクレイマン・クレイマンというバンドで音楽活動を始めたのですが

 

近くにライブハウスやライブバーはあったものの、地元のおやじバンドがたまにやるみたいなところでシーンとしては活きていなかったので
当時、某スボールベアーに憧れていたのもあり、彼らの出身である下北沢のライブハウスを拠点に活動し始めました

 

唯一スタジオは歩きor自転車でいける距離にあったので練習は地元でやれたけど、ライブは1時間ほど電車に乗り都心へ。

 

移動時間はすぐに慣れたけど
終電が早かったり
友達を呼ぶには遠かったり
色々めんどうだなあと思うことがありました

 

それでも都心でやることのメリットは多く、たくさんのバンドや色々な仲間、先輩方と出会うことができた。

バンドが解散したり新しいバンドを組んだり色々と動きはあったけど

常にライブ活動の拠点は常に渋谷・新宿・吉祥寺・下北沢などの都心部でした

 

そんな中、バンド活動を続けていると2015年に

北千住に綺麗なリハスタができたらしい!

 

と知り、使いはじめ、働きはじめました

 

北千住駅は5路線が乗り入れるターミナル駅で、乗客人数ランキングもJRで10位、東京メトロで3位の、東東京の玄関口とも言えるエリア

 

すでにsans visageでスタジオライブをしょっちゅうやっていたので、初めてパックスに来たときから「この21畳の部屋はライブやりやすそうだなあ」
と感じていたので

早速2016年3月のCareless来日ツアーの初日をスタジオパックス北千住店で開催しました。

f:id:smurduok:20170412044004j:image

 

 

f:id:smurduok:20170412044525j:image

f:id:smurduok:20170412044632j:image

photo by Keisuke Baba

 

サイズ感も狙い通り、音もスタジオライブにしてはやりやすく、これはいける!と確信。

 

ちょうどその頃、近所に住むAGATHAのみやけくんと仲良くなり

俺とみやけくんの共催で1992!というイベントを北千住でやりはじめる。 

f:id:smurduok:20170412043942j:image

そしてAGATHAに加入!

f:id:smurduok:20170412043953j:image

(フライヤー作らなかったけどvol.2の出演はsans visage, AGATHA, sleepless, primacasata)

 

また先月はこちらを開催しました

 f:id:smurduok:20170425220228j:image

 

すると「北千住のリハスタでライブができるらしい」という噂が立ちはじめ、MEKARE-KAREのAEPを筆頭に他のお客さんもスタジオライブを企画してくれるようになり、多いときは毎週末ライブがあるなんてことも。

 

嬉しいことにお客さんから
「都心より北千住のほうが来やすいので嬉しい」

と声をもらうことがあり、おお!と。

俺と同じように、都心までライブを見にいってるけど地元は東東京(もしくは埼玉〜千葉)って人がいるんだ!

 

これはやっていく価値があるぞと。

もし俺が高校生とかの時に地元にこんなシーンがあったら通っていたと思うし、そういうのを作っていきたいと思いはじめるようになりました。

 

最近ではパックスの常連の学生の子達も見に来てくれるようになってきたのでめちゃくちゃ嬉しい!

FACTとかSiMのマーチ着た子がsans visage見てウオォってなってくれたり。熱い。

 

横浜とか柏とか、都内でも小岩とか八王子とか土地に根付いた熱いシーンがあるじゃないですか。そういうのずっと憧れてたので。

すぐそういうものになるとは思ってないけど、とにかく続けていこうと。

 

長くなりそうなので今日はここまで!

AUSツアーメモ・物販編

欧米では「レコードがクール」くらいかと思ってたけど、「CDはダサい」くらいまできてるみたい。

 

実際5公演で7インチは60枚くらい売れたけどCDは5枚くらいしか売れなかった。

共演したバンドも、みんなレコードかカセット置いてたけどCD置いてるバンドは1つもいなかった。

 

音源はダウンロードかSpotifyで聴くから、モノとして手にするならレコードで欲しいって印象。

 

一方Tシャツは、
・日本から持っていった10枚
・オーストラリアで刷った25枚
・BGSVダブルネーム13枚
これら50枚弱が、全サイズすべて売り切れた!!

ダブルネームのなんて、2本目のアデレードでなくなっちゃった笑

 

f:id:smurduok:20170228204509j:image

 

ツアー始まる前からBlind Girlsが、オーストラリアのお客さんは日本ほどマーチ買わないからあんま期待しないでって言ってたからかなり驚いたし、Blind Girlsも驚いてた。

俺たちセルアウトしたねって話してた笑

この売り上げから現地での移動費を捻出できたのでかなり助かった!

 

 f:id:smurduok:20170228204907j:image

こっちのデザインのは日本で再プリントして販売します!

3/19@生駒RHEB GATE(奈良)

3/21@北千住STUDIO PACKS(東京)

でライブありますので興味あったらよろしくす。

もちろんスプリットも持っていきます!

 

 

-----

Carelessとのジャパンツアーの時はスプリットCD100枚くらい売れたのになあ。ガラパゴスだ日本。

俺も基本iPhoneApple Musicで聴く派でしたが、オーストラリアでレコードたくさん買ってきたの聴いてたら俄然レコード派になってきました

AUSツアーメモ・会場編

シドニーはレコ屋

 

キャンベラはハウスショー

 

だったがその他はバーでのショウ

 

オーストラリアでは(特にパンクシーンは)バーでライブをやるのが一般的

イメージとしてはHUBみたいな感じ。

その一角にライブ用のスペースが一部屋あり、スピーカーとミキサー・マイク等が常設

基本的にドラムセットとアンプは主催が手配する

今回はドラムセットとアンプヘッドを持ち込み、キャビはそれぞれの都市のローカルバンドに借りる形。

 

客は飲食するだけならチャージフリー、ライブスペースに入るならチケット代を払う。

今回は10〜15AUDだった(現レートで850〜1300円程度)

f:id:smurduok:20170228210102j:image

 

このスタイルでやるメリットは

店側は、バンドが客を集めてくれるから飲食の売り上げが増える

バンド側は、ハコ代なしのノーリスクでやれる上、チケ代の売り上げは全額もらえる(場合によってはさらに+ギャラがある場合も)

とウィンウィンである!

 

ポイントは、この業態のバーはライブのない平日も飲み屋として賑わっていてそもそも飲食店として成立している店なので、ライブをやってくれると客が増えてハコ側も嬉しいという点。

そのため会場のレンタル料なしの好条件でやらせてくれる。

 

俺らはオーストラリア5公演のドアマネーと物販の売り上げで、レンタカー代・ガソリン代・スプリットのプレス代・物販の印刷代含めたツアー経費をカバーすることができた。

渡航費のみは自腹ですが最終日のキャンベラではビール2ケース買ってパーティもできたし大成功!笑
7インチも70枚ずつくらい残っててその分プラスも出てくるので嬉しい限り。

 

音楽作って生んだお金で新しい音楽作るのに回せていけることが1番いいサイクルですよね。

新たなスプリットやコンピレーションの話がいくつかあるのでその音源制作や、また次のツアーに使っていきます!

 

一方日本の所謂ライブハウスという場所は基本的にはライブをやるためだけの店で、入場時にチケット代がかかるので

ハコ側はチケット代から利益を出さないといけない。なのでチケット代を値上げしバンドと分けるシステム。

バンドを見たい人以外は入場しない、つまり集客はバンド任せになるということ。なのに、チケット代は一部しかバックされない…

 

もちろんあらゆる環境が日本とオーストラリアでは全く違うのでここだけで比較するのはフェアではないですが…

 

その分どこもドラムセットやアンプを含め機材が揃っているし、音響照明受付等スタッフもたくさんいるので、手ぶらでも演奏できる点はすごい。

特に東京は電車社会だしめちゃくちゃ楽。俺はスティックとペダルだけ持ってライブすることも結構ある

スタジオもライブハウスもものすごい数あって当たり前のようにどこでも機材がそろっているから、街に溢れる楽器の数は誇れるレベルなのでは…

 

逆に言えばこういうアンダーグラウンドシーンのライブでは凝った照明機材なくていいし音響もアンプの生音+声だけ出せればよかったりするから、

いらない人件費削ってその分チケ代下げたほうが物販買えたりしてお互い嬉しいよね、というのが俺の考えなので

基本的にはsans visageの企画はリハーサルスタジオで開催して自分たちで受付や音響をしている。DIY

 

 

そういえば、バーにただ飲みに来てる客が「なにやってんの?ライブ?イイじゃん。10ドル?よし入った」的な勢いで見てくれたりすることもあって、こういう新たな出会いの形があるのいいなあと思った。

 

-----

飲食スペースとライブスペースが分かれてるというと日本では渋谷O-nestが思い浮かびますね。普段は飲み屋で週末はライブ、のような箱は鶯谷What's Upなど。

また吉祥寺WARPや八王子RIPSみたいにレコ屋が併設されてるのもカルチャー作りに貢献しまくってて最高!どれも好きな会場です。

店サイドからしても飽和してるただのライブハウスを営業するより、こういう業態のほうがおもしろいし儲け出しやすいと思うんだけどどうなんでしょう

集客をバンド任せにせず、店の特色持って自分の力でも生き抜けるようにしないと

なんて偉そうなこと言ってスミマセン、、俺ももっと音楽磨きます!

f:id:smurduok:20170228105407j:image

AUSツアーメモ・移動編

今回のオーストラリアツアーはBlind Girlsがハコもバンドもブッキングしてくれた。

日程は以下の通り 

f:id:smurduok:20170225141440j:image

週末を2回使ってのツアー。

大都市では平日でも集客が見込めるが、小さい都市では難しいとのことでこのスケジュールになった。

Blind Girlsが住んでいるのはBrisbaneから1時間ほどの距離のGold Coastという街。

ハイエースをレンタカーして2バンド7人で移動した。運転はBlind Girlsの4人(ありがとう!)

Gold CoastからAdelaideは2000キロ離れており車でぶっ続けで移動して28時間かかった。

15日の朝4時に出発して16日の午前中に到着。

距離的には東京大阪間が500キロなので、それを2往復と考えてくれれば想像しやすいかと。。

 

この日だけ頑張ればあとは楽なのかと言えばそうではなくて

Adelaide〜Melbourne間は700キロ

Melbourne〜Sydney間は900キロ

Sydney〜Camberra間は300キロ

Camberra〜Gold Coast間は1100キロ

とどれもかなり離れている…

 

その道中にも街はあるのかなといえば

小さい町が点々とあることにはある。が、人もいないしライブをやるような環境ではない。

また西オーストラリアにはPerthという大都市があるが4000キロ離れているのでBlind Girlsもツアーしたことないそう。

 

またコストの面では
ハイエースのレンタカーは15日〜21日で700ドルくらい
ガソリン代は総額900ドルくらいかかった。

でも高速道路は無料!あざす!

 

これを日本と比較すると、たとえば東京から西に向かって行くとすると

東京〜名古屋間 300キロ

名古屋〜大阪間 200キロ

大阪〜広島間 300キロ

広島〜福岡間 300キロ

と、こうして比べると移動距離はハナクソくらいに見えてくる。

この大都市の間にも横浜・静岡・京都・神戸などなど大きな街が他にもあってもっとライブやれるし!

 

またBlind Girlsのみんなが、日本のハードコアシーンの凄いところは、同じ都市で複数回やっても人が来てくれるところと言っていた。

たしかに、東京だけでも1千万人住んでいるし、毎回のツアーで東京公演を2〜3回やっているがどの回もそれなりの人数が見に来てくれる。

オーストラリアではそれは難しいらしい。

 

なので

・都市間の距離が短い

・同じ都市で複数回やれる

 

という点を踏まえると日本はツアーをやりやすい国なのでは、という気がしてきた。もっとやりてー。

 

sans visageも他のバンドもだいたい単発のイベントでポツポツとライブやることが多いけど、作品作ってそれを携えたツアーを組んでどかっと回る方が気合い入っていいなと思ってる。

何より毎日連続でライブすると毎回確実に良くなっていくのを感じるから、もっとやりてー。

 

 

3月にいつもお世話になってる奈良のきんたくんさんのイベントMarch Of Deerに出演するんだけど、

f:id:smurduok:20170228200100j:image

こういう最高のメンツで、Warpedみたいにみんなまとめてツアーできたらめっちゃ楽しいよね。。やりてー。

 

March Of Deerはいつも好メンツでやってるんでまだ知らない関西圏の方は要チェックですよ!

March Of Deer (@March_Of_Deer) on Twitter

 

 

-----

移動こぼれ話をいくつか

・ウシやウマやヒツジやカンガルーいまくって最初は興奮したけど多すぎて1時間で飽きた笑

f:id:smurduok:20170228200558j:image

・夜中ドライブ中「ドンッ!」とでかい音して死ぬかと思った、残念ながらカンガルーとぶつかったみたい、、だけど幸いバンパーが擦れてるくらいで酷くはなかった

・カセットコンロとグリルを持っていき、スーパーでヴィーガンミート買って道中BBQしたの楽しかった!

f:id:smurduok:20170228200638j:image

 

ブログをはじめよう

なにか物事を経験して感じたり考えてもすぐ忘れてしまうタイプなので、
後から思い出そうとすると「楽しかったー」などといわゆる小並感しか出なくなってしまう。

ソーシャルメディアは気軽に使えるけどどれも目まぐるしいスピードで流れてしまう。
ここでは忘れたくないと感じたことや考えていることを書きとめていきたい。

文章を書くことはあまり得意ではないし、メモや備忘録が目的なので読みにくくなりそうだが
書いていくうちに上手くなっていければいいなとも思っています


-----

ブログタイトルはオーストラリアで1番うまかったブリトー屋の名前をもじっただけで意味はないです

f:id:smurduok:20170224093830j:image

ひぐちが消えかかっている